湯たんぽと電気カーペットの活用事例

電気カーペット

懐かしい湯たんぽを利用した暖房術

冬に暖かくするのに工夫したことは、湯たんぽを利用することです。布団に入る数時間前にふとんの足元側に置いておき、寝るとき、足が暖かい状態で眠るようにしています。わたしの湯たんぽはフリースのような生地のカバー付きなため、寝る時にそばにあってもやけどしそうにはなりません。なので、寝る直前にお湯を入れ直し、少し抱いたりもしながら寝ています。最近は、冬にエアコンを使うのは、年に数えるほどしかないです。足元も冷えやすいので、台所や部屋では、登山用品店で買った毛の靴下を履いています。以前は、周りが羊のような皮で、中がボアのルームシューズを履いていましたが、それも温まりました。

その他のエアコンを使わず暖かくする工夫

ダイニングルームも電気カーペットとこたつでほぼ過ごせます。暖かい空気は上のほうに登る習性がありますので、床を温めれば部屋全体がほんのりあたたかくなってくれるのです。エアコンだと風をともなうので、ハウスダストを気にする方はエアコンを避けて床暖房を活用するほうが良いと思います。寒い日は電気ストーブを使い、エアコンは年に数回しか使いません。多分、部屋が南向きで日当たりがかなり良いのも影響しているかも知れません。暖房とは違うかもしれませんが、外出する際はかなり厚着をし、電車の中では脱いで調整しています。また、使い捨てカイロは、カバンの中にいつも常備するようにしています。

冬用布団に電気カーペットを併用

家の中にいながら、白い息が出るほどの冷え込みがある場合、暖房をいくらつけても温まりにくいどころか、電気代がかさんでしまうケースも。それは窓の隙間や壁の断熱材が不十分な場合や、部屋が宏すぎる場合におこります。そういう場合は冬用布団に電気カーペットを併用するほうがエコロジーに収まることもあります。

ご意見投稿お待ちしています!!