冬布団で暖かく過ごす工夫とアイディア

冬

冬の布団の選び方のポイント

冬のベッド周りはとにかく寒くないように、
下記の点を基本にセットで取り替えます。

  • 厚手のシーツ
  • 肌触りのよい毛布
  • 羽根布団から羽毛布団に変更

シーツはマイクロファイバーにするとかなり暖かく
過ごすことができます。毛布も合わせてマイクロファイバー
にすれば倍で心地よい冬布団になりますよ!
羽毛布団は羽根よりだいぶ暖かいので冬には重宝
しています。羽根は秋や春には良いのです。

寝る前に布団に工夫を加えよう

また、寝る前に暖かいように、布団乾燥機で暖かくしておき、
寝る時には湯たんぽもいれておきます。
そうすることによって布団乾燥機で温まった布団の中が、
徐々に冷めていっても湯たんぽのおかげで暖かさが
持続するからです。また電気アンカや電気毛布よりも
乾燥しないそうなので、重宝しています。

寝室は間接照明で暖かい雰囲気を演出

また寝室は、普段は蛍光灯の明るさが好きなのですが、
冬だと見た目にも寒く感じるので、
メインの電気はつけず、間接照明を灯して、
気分的に暖かいようにしています。

雪が降った時のポイント

冬雪がふった時は、いつもより30分早めに家をでます。
最近はそこまでではなくなりましたが、轍が危なく、
ゆっくりしか走れないので、時間がかかるのです。

またすぐに出発すると車が故障しやすいと
聞いてからは、車に乗ってエンジンをかけた
まましばらく座って、車内が暖かくなり始めた頃に
動かすようにしています。

また、車にはかならず、長靴とシャベルをいれておき、
車が雪で動けない時や、何か会った時に
履き替えられるようにつねに準備してあります。

ご意見投稿お待ちしています!!