クイーンサイズ

クイーンサイズ

クイーンサイズ

このページは「睡眠に関する病気の知識 」の情報コンテンツです。
クイーンサイズ > 睡眠に関する病気の知識

豆知識

睡眠に関する病気の知識

寝付くまでの時間がかかる、熟睡できない、など睡眠に関する悩みは5人に1人は持っていると言われいます。もし悩んでいる状態が1ヶ月以上続くようなら病気の可能性もあります。お医者さんに相談してみましょう。

眠りの悩み、四大症状

眠りの悩みで多いのは、入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害です。入眠障害は、布団に入って30分以上眠れず、寝たいと思えば思うほど寝つけないというもの。中途覚醒は、眠った後に目が覚めてしまい、もう一度眠ろうとしてもなかなか眠れないという症状です。早朝覚醒は、もっと寝たかったのに、予定よりも何時間も早く目覚めてしまうもの。熟眠障害は、長く眠ってもぐっすり寝た気がしないというものです。いずれも朝スッキリとした目覚めにはなりません。これらの症状は、生活習慣や睡眠環境を見直すことで解決することもありますが、症状が長引いたり、日常生活に支障をきたす場合は、専門のお医者さんに相談してみましょう。

睡眠時無呼吸症候群

いびきをかいて呼吸が弱くなったり、何度か止まることが原因で不眠になる病気が睡眠時無呼吸症候群です。メディアでも数多く取り扱われていますね。10秒以上呼吸が止まった状態が1時間に15回以上繰り返されるような状態なら、睡眠時無呼吸症候群と判断されます。無呼吸のため眠りが浅く、昼間に強い眠気に襲われたり、やる気が出ず、イライラしたり、集中力がなくなったりします。放っておくと、酸欠から動脈硬化や高血圧になり、脳卒中や心筋梗塞の要因にもなります。

肥満が主な原因

睡眠時無呼吸症候群には、脳に問題のある場合にのどがふさがれて起こる場合がありますが、多くがのどがふさがれて起こる閉塞型です。閉塞型にも、アゴが小さい、気道が細い、扁桃腺や舌が大きいなどの要因がありますが、7割以上の原因は肥満です。特にのどの周りに脂肪がつきやすい中高年の男性、女性は妊娠中や更年期以降に多くみられます。肥満により、寝るときに気道がふさがって、呼吸ができない状態になるのです。対策としては、まずやせることですが、マウスピースをつけて気道を確保したり、鼻から機会で強制的に空気を送り込んで呼吸を助ける治療を行います。

クイーンベッド

クイーンサイズ 激安通販
ExecutionTime: 61 msec / Memory: 4.9 MB