クイーンサイズ

クイーンサイズ

クイーンサイズ

このページは「年齢とともに変化する睡眠 」の情報コンテンツです。
クイーンサイズ > 年齢とともに変化する睡眠

豆知識

年齢とともに変化する睡眠

年齢や性別によって必要とする睡眠の質と量は大きく変わってきます。生まれたばかりの赤ちゃんは1日の多くを眠って過ごします。成長するにつれて、1日の睡眠時間は少なくなります。また、女性の場合は結婚や出産などの生活の変化によっても睡眠質と量は変わってきます。

妊娠・出産時の睡眠について

妊娠前期は、睡眠と体温浄書に関係する女性ホルモンの分泌が盛んになって、昼夜問わず眠くなる傾向があります。また、妊娠後期は、就寝後も途中で目が覚めるなど、眠りが浅くなりがちです。お腹が大きくなって周囲の内臓や筋肉をどうしても圧迫してしまうためです。周りのサポートが大切です。

出産後もしっかりとした睡眠をとることは難しいでしょう。赤ちゃんは体内時計と実際の時間との調整が未熟で、夜に何度も目覚めてぐずります。そのため、お母さんは生後3、4ヶ月はまとまった睡眠をとるのが難しいのです。睡眠不足や育児のストレスが重なり、心理的にもきつい時期です。解決策としては、できるだけ赤ちゃんの睡眠にあわせて昼寝することをおすすめします。生後5、6ヶ月になると赤ちゃんの体内時計も整いはじめて、夜にまとまった睡眠を取るようになってきます。

子供の睡眠習慣

最近、親の生活スタイルに合わせて夜遅くまで起きている子供たちが増えてきました。子供の夜更かしの常態化には気をつけたいものです。夜型の子供は睡眠時間が短く、イライラしやすく、昼間眠くなったり、集中力に欠けるなど普段の生活に支障がでてきます。さらに、中高生になると受験勉強で夜型になりがちです。睡眠不足で勉強がはかどることはありません。早めに寝て、早起きして勉強した方が学力も向上するでしょう。

更年期・高齢者の睡眠

40代半ばの更年期にさしかかると、特に女性は不眠に陥りがちです。エストロゲンという女性ホルモンの急激な減少によるものです。のぼせやほてり、イライラなど更年期障害によっても睡眠は悪影響を受けます。このくらいの時期から、熟睡しにくくなり、眠れていないように感じることが多くなります。70歳以上の高齢になってくるとさらに浅い眠りが多くなり、睡眠中に目覚めることも増えてきます。

クイーンシーツ

クイーンサイズ 激安通販
ExecutionTime: 42 msec / Memory: 4.9 MB