クイーンサイズ

クイーンサイズ

クイーンサイズ

このページは「睡眠によい食生活 」の情報コンテンツです。
クイーンサイズ > 睡眠によい食生活

豆知識

よい睡眠のために食事にも気をつけよう

食生活と睡眠には深い関係があります。規則正しい食事時間、栄養のバランスを考えて食事をすれば、目覚めもスッキリしますよ。

規則正しく食事をとろう

1日の3度の規則的な食事は体内時計の調整に大きく貢献しています。一番重要なのが朝食です。できれば、しっかりたっぷりと摂りたいものです。毎朝規則的に食事を摂っていれば、食事の1時間ほど前から胃腸が活動をはじめて、目覚めを促します。昼食も毎日同じ時間にバランスよく摂りたいですね。夕食は軽めで、寝る3時間くらい前までにすませます。

バランスのよい食事を

朝は睡眠中に消費した水分と糖分、日中の活動のためのタンパク質、ビタミン、ミネラルを補給するのが理想です。ご飯やパンなどの炭水化物と乳製品、大豆製品、フルーツを摂るといいでしょう。昼食では朝と夜の栄養バランスを考えて調整します。朝が少なかったら昼にしっかりと補うようにしましょう。夜たくさん食べる予定があれば昼は控えめに。夜はできれば軽めで。高タンパク、低脂質のメニューがおすすめです。

睡眠の質を下げる食事

肉中心の食事や油を多く使った料理は、消化に時間がかかり、エネルギーもたくさん使うので睡眠にいい食事とは言えません。甘いものは急激に血糖値を上げるので、神経が高ぶって不眠の原因になります。深夜の甘いものは控えるようにしましょう。

お酒と煙草の影響

お酒を飲むとよく眠れる、と思っている方は多いのではないでしょうか。たしかにお酒によって、緊張がやわらぎ、血行もよくなって気持ちよく眠れることもあります。しかし、アルコールは基本的に麻酔薬と同じで、少量では興奮して寝付けなくなり、大量に摂取すると、寝付きがいいようでも眠りは浅く、質も低下してしまいます。お酒は深い眠りを妨げるので、寝る前の一杯はおすすめできません。また、寝る前にタバコで一服する方も多いでしょう。タバコでリラックスするのは気分だけです。タバコを吸うと覚醒状態になり、寝付きが悪く、深い眠りを邪魔します。

クイーンベッドの写真

クイーンサイズ 激安通販
ExecutionTime: 41 msec / Memory: 4.9 MB