クイーンサイズ

クイーンサイズ

クイーンサイズ

このページは「快適な寝室にするコツ 」の情報コンテンツです。
クイーンサイズ > 快適な寝室にするコツ

豆知識

快適な寝室にするコツ

照明や音、温度や湿度によって、眠りにつきやすさ、眠っている時の快適さ、目覚め変わってきます。細かいことですが、自分自身あまりよい睡眠をとれてないと感じている方は、一度寝室の環境を見直してみてはいかがでしょうか。

照明について

睡眠のリズムを整える明るさのお手本は太陽です。午前中は1,000ルクス以上、午後からだんだんと明るさが減少して夕方には200ルクス程度、寝るときは真っ暗がいいと言われています。眠る1~2時間前からは、暗めの赤みのある照明で過ごすとリラックスでき、睡眠を促すホルモンであるメラトニンの分泌が活発になります。寝るときは照明を全て消すか、月明かり程度の暗さにします。真っ暗だと不安な人やトイレなどに起きたときの転倒が心配な場合は、センサーで転倒するフットライトを使用するといいでしょう。

温度と湿度

寝室の快適な温度・湿度は季節によって変わります。夏は室温25~28℃、湿度50~60%くらいが適しています。28℃を超えると寝付きが悪くなります。冬は布団によって体を温めることができますので、低い温度でもそれほど問題ありませんが、18~22℃くらいが眠りやすいと言えます。エアコンを使うなら寝付いて、2~3時間後に切れて、起床の30分くらい前につくようにタイマーを設定するといいでしょう。夏場はエアコンの風が直接当たらないように注意してください。冬場はエアコンでさらに乾燥するので加湿器や濡れタオルを干すなどして、湿度を50~60%程度に保つようにするよいいでしょう

音と色

40デシベルを超える騒音では睡眠に悪影響があると言われています。人の話し声やテレビ、洗濯機の音は50デシベルを超えます。最近の住宅は遮音性がすぐれているので、気になるのは室内の電化製品です。静音設計のものを選んだり、こまめなメンテナンスを心がけましょう。耳栓は役立ちますが、目覚まし時計は聞こえるものにしましょう。

それから、室内の色にも注意が必要です。赤と緑、黒と白といったコントラストの激しい色づかいや、ビビッドな色は神経を興奮させるので眠りには向きません。ベージュやパステルカラーのようなやさしい色合いが筋肉の緊張を緩め、リラックスさせる効果があると言われています。

コルクマット

足元を暖かく優しくしてくれるのがこういったコルクマットです。寝室の足音も消してくれる防音効果もあるので、子供のいる家庭にとっても良いと思います。コルクマットだけでなくラグマットもお勧めです。

コルクマットの寝室

クイーンサイズ 激安通販
ExecutionTime: 56 msec / Memory: 4.9 MB