クイーンサイズ

クイーンサイズ

クイーンサイズ

このページは「寝具の選びのポイント 」の情報コンテンツです。
クイーンサイズ > 寝具の選びのポイント

豆知識

快適な睡眠のための寝具選びのポイント

寝るときの姿勢は人それぞれで、各人が落ち着く姿勢を持っています。ただし、一つの姿勢をずっと続けられるわけではないので、仰向け、横向きなど、いろんな姿勢でも大丈夫な寝具選びが必要です。

寝返りしやすい寝具を

眠りはじめは、放熱のために汗をかきます。布団の中では温度や湿度が上がるので、寝返りを打つことで空気の調整もしています。私たちは一晩に20~30回も寝返りを打っています。暑さなどで寝苦しいときは回数が増え、敷き布団やマットレスがやわらかすぎると減ります。寝返りを打たずにじっと同じ姿勢のままでは、血行も悪くなるので、適度に寝返りしやすい寝具選びが必要です。

ベッドの寝心地を左右するマットレス

マットレス選びは重要です。固すぎて寝心地が悪いのも問題ですが、ふかふかのベッドもやわらかすぎて体をうまく支えられません。立っているときは背骨はS字カーブを描いていますが、寝た状態でもこの形を維持しつつ体を支えられるものがベストです。ベッドのサイズも寝返りが打てるサイズは必要です。狭いと感じない大きさは肩幅+30cmの幅です。二人で使う場合は、手が触れない程度離れた状態で考えましょう。クイーンサイズの布団なら二人でも十分な広さがあります。

快適な布団の選び方

敷き布団はマットレスと同様、正しい姿勢を保つために、体が沈み込まず、寝返りが打ちやすい適度な弾力性と固さが必要です。また、保温性と吸湿性も重要なポイントです。特に吸湿性は、一晩にコップ一杯程度の汗をかきますので、重視したいポイントです。掛け布団は保温力と体になじむこと吸湿性が大切です。重たい掛け布団は血行を悪くするのでおすすめできません。

パジャマ

パジャマは直接肌に触れるものなので、肌触りが一番のポイントです。さらに、寝ている間にかく汗で不快にならないよう、吸湿性や通気性のいい素材がおすすめです。また、ウエストのゴムがきつくなく、ゆったりとした着心地で体を締め付けないものがよいでしょう。スウェットやトレーナーなどの厚手の生地は寝返りが打ちにくく、布団の中の湿度も高くなるので不快感が増します。

寝室と寝具

クイーンサイズ 激安通販
ExecutionTime: 62 msec / Memory: 4.9 MB